育毛剤トップ > 育毛ガイド > 育毛事典(育毛関連の用語解説) > 壮年性脱毛症

壮年性脱毛症

壮年性脱毛症とは、一般的には遺伝性の薄毛または抜け毛のことを言います。 ゆっくりと何年もかかって進行し、目立つようになるものです。 ふつう、頭皮は2~7年程度をかけて太くしっかりと成長しますが、壮年性脱毛症の方はその成長期が短くなってしまうため、細く短い毛になってしまいます。早い人では、20代から発症することもあります。生え際や頭頂部、そりこみ部分からなど脱毛の仕方によって6つのタイプがあり、人それぞれ異なります。
・全体が薄くなるタイプ
・前頭部、頭頂部から後ろに向かって薄くなるタイプ
・頭頂部からM字型に薄くなるタイプ
・   〃        に加え、頭頂部からも薄毛が進行するタイプ。
・額の真ん中から徐々に後退するタイプ
・頭頂部から輪が広がるように薄くなるタイプ
などがあります。